日本に在留する外国人の方が、家族を日本に呼ぶためには、日本に来る家族の方が「家族滞在」の在留資格が必要です。

「家族滞在」の在留資格を取得するための条件、申請書類は下記のようになります。

家族滞在の条件

1.日本の在留資格をもって在留する外国人の扶養を受けて在留すること
在留資格のうち、「外交」、「公用」、「短期滞在」、「就学」、「研修」、「特定活動」、「永住者」、「日本人の配偶者等」、「永住者の配偶者等」、「定住者」の在留資格の場合を除きます。
また、日本で活動する外国人の扶養を受けていなければなりません。

 

家族滞在で申請する際の書類

外国人の方が、母国の家族を日本に呼ぶためには、下記の書類が必要となります。

在留資格認定証明書交付申請書
写真
返信用封筒
戸籍謄本、婚姻届受理証明書、結婚証明書の写し、出生証明書の写しのいずれか
扶養者の外国人登録証又は旅券の写し
・扶養者に収入がある場合:在職証明書、住民税課税証明書及び納税証明書
・扶養者に収入がない場合:扶養者名義の残高証明書又は奨学金給付に関する証明書

※ケースによっては、上記以外の資料が必要になる場合があります。

 

家族滞在Q&A

Q. 家族滞在ビザで働くことはできますか?

A.家族滞在の在留資格での就労は認められていません。もし、働かれる場合には、あらかじめ「資格外活動許可」を申請する必要があります。

Q. 成人になっている子供を「家族滞在」で呼ぶことはできますか?

A.子供さんが成人に達していても問題はありませんが、学校を卒業し、本国で既に働かれている場合には、「家族滞在」の在留資格が認められないことがあります。なぜなら、扶養を受けているものでなければならないからです。
この場合は「短期滞在」などの在留資格を申請することになるかと思われます。

Q.「家族滞在」で内縁の妻は呼べますか?

A.内縁の妻の場合は、基本的に認められません。

Q.「家族滞在」で養子を呼ぶことはできますか?

A.養子、認知された子は「家族滞在」の在留資格で呼ぶことができます。

 

 

電話でのお問合せ・相談はこちらから(初回無料です)
052-528-1507
(受付時間:月〜土曜日の9時〜20時)

お電話いただくと「ありがとうございます、フレックス行政書士事務所です。」と出ますので、「NPO法人の設立を依頼したい」「NPO法人の設立について相談したい」などご用件をお願いします。

名古屋NPO設立代行オフィス(フレックス行政書士事務所運営)
〒451-0016 愛知県名古屋市西区庄内通4-12 あさひビル4C
お客様専用安心ダイヤル
TEL:052-528-1507 
FAX:052-528-1508
受付時間:月〜土 9時〜20時(初回無料)
メールでのお問合せ:info@taka-office.com

※お電話いただく際にご注意ください。
  • お名前を必ずお願いします。
  • 書類の書き方についてのご相談はお受けしておりません。書類の書き方に関してご不明な場合は、左のリンクから提出先の役所へ確認をお願いします。
※行政書士には、お客様からお聞きしたことを誰にも漏らさない義務(守秘義務)が法律で定められていますのでご安心ください!